【韓国旅行記】3・4日目 全州でおしゃれスポット巡りと益山の世界遺産・弥勒寺址見学

カフェ 韓国旅行記 2019

2019年の6月、3泊4日で韓国へ旅行してきました。

今回の旅行の目的は、益山(イクサン)に住む友達に会いに行き、全州(チョンジュ)を一緒に観光することです。

旅の3日目は、全州の植物園やカフェなどを巡り、ゆるりと女子旅を満喫。

1日の終わりには益山へ戻り、世界遺産 弥勒寺址 を見学しました。

翌朝、益山から早朝のバスに乗り込み、ソウル仁川空港へ向かい帰国します。

旅のスケジュール

ホテルでプチトラブル

ホテル客室

宿泊したホテルはRoni Hotel(ロニホテル)というところでした。

朝シャワーを浴びて、出かける支度をしていると、突如ホテルの警報装置が鳴り響きました。

韓国語でアナウンスがあり、友達が「火事だって!逃げよう」と…!!

ええ〜!?

部屋のドアを開けると、廊下にはやはり慌てて出てきた宿泊客の方達がいます。

みんなで非常階段を降りていくと、下の階から落ち着いた様子でスタッフの女の子(ホテルのスタッフじゃなくて別店舗のスタッフ)が登ってきました。

「みなさん何してるんですか?」

「火事だってアナウンスがあったから」

「ああ、もう消えたみたいですよ」

ほんとに小さなボヤだったみたいです。

大事じゃなくてよかったー。

韓国では以前ホテル火災の大きな事件があったそうで、こういう緊急時の対応が早いみたいです。

びっくりしたけど、まあ、対応遅れるよりも、問題起きるかわからないくらいの最初の時点で動いてくれるほうが安心ですよね。

日曜朝市

朝ごはんを食べに南部市場の方へ向かうと、川沿いで朝市をやっているのを発見。

朝市

日曜日にやってるみたいです。

いろんなお野菜などが売っています。

おみやげにクルミとアーモンドを購入して満足。

コンナムルクッパで朝ごはん

コンナムルクッパ

30分ほど朝市を楽しんだら、コンナムルクッパのお店へ。

コンナムルクッパとは、全州名物のもやしのスープご飯です。

コンナムルクッパ

優しい味で美味しい〜。

朝ごはんにぴったりです。

カフェ

ホテルの前のコーヒーショップでアメリカーノを買い、植物園に出かけます。

Korea Expressway Corporation Jeonju Arboretum

植物園

韓国の鉄道会社が運営しているという、植物園へ行きました。

植物園

園内はいろんなエリアに分かれていてとっても広い!

植物園

まさに、コーヒー片手にのんびりするのにぴったりなスポット。

家族連れにもよさそうです。

植物園

自然に囲まれておしゃべりして、気持ちのいい時間を満喫。

ユッケビビンバ

ビビンバ

植物園を満喫したあとは、ランチにHanguk Jipへ。

こちらは、全州名物のビビンバが有名なお店です。

ユッケビビンバ

日本ではあまり見かけない、ユッケビビンバを注文しました。

感動的な美味しさです…!

今まで食べてきたビビンバも普通に美味しかったけど、こちらは味が全然違って、深みがあって美味しい〜。

大満足です!

モジュ

あとこちらでは、モジュという韓国のお酒も飲んでみました。

シナモンぽい独特の香りのある、甘酒みたいな味です。

寒い日にちびちび飲みたい感じ。

芸術村へ

芸術村看板

さて、お腹を満たしたら芸術村へ向かいます。

作家さんのギャラリーやお店、カフェなどが集まるおしゃれスポットです。

ギャラリー

こちらはギャラリー。

芸術村

雑貨店。

ショップ

服屋さん。

どこもセンスが良くておしゃれで、ショッピングが楽しい!

カフェ

そしてこちらは、友達が見つけてくれたPique Niqueというカフェ。

カフェ

インテリアが可愛い〜。

広いお庭もあったので、そちらでお茶をいただくことにしました。

そういえば店名がピクニックでした。ぴったりですね。

カフェ

ウィンナーコーヒーとフレンチトースト。

こちらのカフェは本当に雰囲気が良くて、とってもおすすめです。

益山へ

芸術村を出たら、友達の家がある益山に戻ります。

豆腐屋

翌日は早朝のバスでソウルへ戻るので、早めの晩御飯。

お豆腐屋さんです。

豆腐

めちゃくちゃしっかりしたお豆腐。美味しい。

チヂミ

そしてチヂミ。

今回の韓国旅行では、いろんな韓国料理が食べられて嬉しかったです。

弥勒寺址

ミルクサジ

韓国最古で、百済時代のお寺の跡である弥勒寺址(ミルクサジ)へも行ってきました。

ミルクサジ

昔日本人が崩れないようにセメントでがちがちに固めてしまったものを、20年かけて修復したそうです…悪意はなかったにせよ、ちょっと申し訳無い気持ちになりますね。

こちらは入場料無料で入れました。

ユネスコ世界遺産に登録されているというのに、益山市すごい。

この後は、友達の家に泊まって、3:30のバスに乗るために早めに就寝。

空港バス

バス券売機

朝は2:50に起きて、荷物をまとめ、バス停に向かいます。

バス停に券売機があってチケットを購入できます。

チケット

益山から仁川空港までは32,000ウォン(3,200円くらい)でした。

仁川空港

仁川空港

2時間半ほどで仁川空港へ到着。

チェジュ航空のセルフチェックインサービスを使って手続き。

カウンターに並ぶ必要が無いのでスムーズです。

チェジュ航空

ソウル、釜山に続き、3度目の韓国旅行は全州がメインとなりました。

友達が近くに住んでいるという理由だけで行ったのですが、結果、いままで訪れたどの街よりも好きでした!

美味しいものがたくさん食べられるし、素朴で気取ってなくて、ゆったりとくつろげます。

またぜひ行きたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました