【韓国旅行記】2日目 全州で韓屋村・南部市場・カメクを満喫

全州 韓国旅行記 2019

2019年の6月、3泊4日で韓国へ旅行してきました。

今回の旅行の目的は、益山(イクサン)に住む友達に会いに行き、全州(チョンジュ)を一緒に観光することです。

旅の2日目は、友人と益山で合流して全州観光へ向かいます。

韓屋村の散策や、南部市場での食べ歩き、最後はカメクで一杯と楽しんで大満足の1日でした。

旅のスケジュール

KTXに乗って益山(イクサン)へ

韓国 テレビ

朝起きてテレビをつけると、韓国のタレントさんが横浜中華街を散策するバラエティがやっていて親近感。

この日は8:40のKTXにのって益山(イクサン)に移動して、友達と合流の予定。

龍山駅構内

龍山(ヨンサン)駅は初めて。

掲示が分かりやすくて迷わずホームにたどりつけました。

KTXホーム

そういえば、KTXには改札がありません。

予約時に発行されたQRコードをもっていれば、そのままホームに行って乗車してOK。

これは事前に韓国人の友人に聞いていたので良かったものの、もし知らなかったら必死に改札を探していたことと思います。

KTX車内

KTXに乗ったら、隣の席のジェントルマンがキャリーを上のラックにあげてくれました。

韓国人の男性、ほんと優しい。

電車は1時間15分ほどで、益山(イクサン)駅に到着。

電車を降りると友達がホームまで迎えにきてくれていました。

IKUSAN

駅を出ると「IKSAN」のオブジェ。

興奮して写真を撮ってる私に、「ここで写真撮る人初めて見た」と笑う友達。

全州(チョンジュ)観光

車内

いったん益山は素通りして、車で全州(チョンジュ)へ移動。

韓国は右車線なのですね!

何度も助手席に乗ろうとして運転席のドアを開けそうになりました。

コーン茶

ドライブのお供に友達がくれたコーン茶

おいしい。日本でも売って欲しい。

韓屋村でランチ

焼肉屋

30~40分くらいで全州に到着。

まずは定番観光スポット韓屋村(ハノンマウル)へ。

ちょうど12時頃だったので、ランチへ向かいました。

カルビのお店。

ランチ

美味しいお肉をいただきました。

パンチャン(小皿に用意してくれる無料のおかずたち)が出てくると、韓国だなと実感します。

慶基殿

慶基殿

お腹を満たしたら慶基殿(キョンギジョン)へ。

朝鮮をつくった王様、李 成桂(イ・ソンゲ)の肖像画を奉るために建てられたそうです。

肖像画を飾るためにしてはずいぶん豪華。

キョンギジョン

独特の色使いがキレイ。

イ・ソンゲ

こちらが李 成桂

同じ敷地内に、ポートレートミュージアムがあり、そちらでは他のたくさんの方の肖像画を見られます。

教会殿洞聖堂

殿洞聖堂

慶基殿を出たら、すぐ近くにある教会殿洞聖堂(チョンジュジョンドンソンダン)へ行ってみました。

殿洞聖堂

こちらは中も見学できます。

ロマネスク復古様式の建築がとてもきれいです。

厳かな空間ですが、落ち着いていて心地よかったです。

パッピンスで一休憩

パッピンス

しばらく歩いたので、カフェに入ることに。

パッピンス

これ、めちゃくちゃ美味しかったです。

パッピンスのお店

私はハングル読めないのですが…こちらのお店です。

人気のお店だそうです。

韓屋村散策

韓屋村

休憩のあとは、韓屋村を散策。

韓屋村

大通りよりも裏路地のほうが、雰囲気があります。

韓紙のお店

途中、韓紙の工房に立ち寄りました。

無料で見学できます。

お土産屋さんもあったので、ささやかながら見学のお礼もかねて、韓紙の封筒を買いました。

梧木台

梧木台

韓屋村からすこし歩いた、小高いところ梧木台(オモッテ)へ行ってみます。

李成桂が敵を倒したあとに宴会を開いた場所なんだとか。

ここにくる途中の道に、韓屋村を一望できる撮影スポットがあるそうなのですが…気がつかずスルーしてしまいました。

何があるというわけではないのですが、木々に囲まれて気持ちいいので、休憩スポットとしてはなかなか良かったです。

滋満村

さて、お次は滋満(チャマン)村へ。

カラフルな壁画が有名な場所です。

Jaman village

迷路のように入り組んだ小道を進んでいくと、いろいろな壁画に出会えます。

Jaman Village

シザーハンズ。

もともと貧しかった村が、人が来るように壁画を書いたところ、韓屋村も近いので観光客が増えたそうです。

カフェ外観

滋満村の中にあるカフェに入ってみました。

カフェ店内

ETがいました。

コーヒー

カップが可愛い。

韓国の人はアメリカーノが好きらしいので、私もそれにならって滞在中はアメリカーノばかり飲みました。

旅先でコーヒーを飲む時間はほんとうに至福。

南部市場

南部市場

カフェ休憩を終えて歩いていると、南部市場(ナムブシジャン)の近くに来たので散策してみることにしました。

エビ

エビを甘辛く揚げたもの。

みんな結構行列に並んで買ってるので、私たちもついつい食べてしまいました。

キンパ

サムギョプサルキンパ。

ひとつ買ったら、それを食べながらふたつ目の屋台に並んでと、食べ歩いていくのが面白い。

食べてた時は美味しかったけど、あとから冷静に考えると、実際は美味しいわけではない食べ物たち。笑

でもその雰囲気が妙に美味しく感じさせるのよね。

活気があってとても面白かったです。

青年モール

青年モール

お腹を満たしたらお隣の青年(チョンニョン)モールへ。

こちらは、南部市場を盛り上げようと、若者たちがオープンしたモールだそうです。

青年モール

手作りのアクセサリーなど、作家性の高いものが置いてあって、見るのが楽しいです。

青年モール

プラパン…?
なつかしい。

オリーブヤング

オリーブヤング

歩いている途中でオリーブヤングを発見。

韓国のマツキヨ的なお店です。

プチプラで優秀な化粧品がたくさんあるとのことで、事前に下調べしていたフェイスパックを購入しました。

韓国 フェイスパック

右から2番目の見慣れないやつは、友達のおすすめ。

1個800円くらいとちょっといいやつ。

カメクで乾杯

さて、1日の締めにカメクに向かいます。

カメク

カメクは気軽にビールを飲めるお店です。

もともとスーパーだったお店が、店前でビールを飲むお客さんに、ちょっとおつまみを出したのがきっかけだそうです。

この外観がもう素敵すぎる。

カメク

着席と同時にビールがサーブされました。

食事のメニューは、干しダラと、干しイカ、卵焼きくらいしかありません。

店内は若者が多くて、大衆居酒屋みたいな雰囲気なのですが、それよりもサクッと立ち寄れる感じです。

干しダラ

干しダラを割いて、タレをつけていただきます。

とても美味しい!

おしゃべりを満喫したらホテルに戻ります。

そんな感じで2日目も、いろいろ回って大満足でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました