【インド・列車】ガティマンエクスプレス

ガティマンエクスプレス インド

インドに行ってやりたいことを考えたときに、いちばん最初に出てきたのが「タージマハルを見に行く」ということでした。ベタだけど。

<br>

タージマハルがあるのはアグラという都市で、首都のデリーから南に180kmほど。

電車でいくと、ざっくり横浜〜浜松くらいの距離感です。

<br>

行き方もいろいろですが、今回私が使ったのは2018年時点でインド最速の、ガティマンエクスプレス(gatimaan express)という列車。

デリー駅よりも少し南にあるハズラト・ニザムディーン(Hazrat Nizamuddin)駅から、アグラ駅まで1時間40分で行ってくれます。

<br>

ガティマンエクスプレスを選んだ理由は、

  • 速いので時間を節約できる
  • 行きが8:10発、帰りが17:50発と日帰りにちょうどいい
  • 列車で出る車内食を体験してみたい!

という点でした。

<br>

列車の予約

インドの列車の予約はネットからできるのですが、まずインド国鉄のサイト「IRCTC」でアカウントを取得して、そのあとチケット予約サイト「Cleartrip」でチケットを購入しなければならず、ちょっと大変。

でも、予約の仕方を解説してくれているブログがあるので、その通りにやれば簡単です。

<br>

▼予約時に参考にさせていただいたブログ 5 STAR TRAVELER

【2019最新版】インド鉄道のオンライン予約方法
インドの鉄道は「Cleartip」という大手オンライン予約サイトにて行います。実際に運航しているIRCTCではインドで発行されたクレジットカードでしか決済出来ないためです。

こちらのブログ、とてもわかりやすかったです!

<br>

ただ私、実は1個だけ、このブログ通りに進めていたのにつまずいた部分がありました。

IRCTCのモバイル認証です。

<br>

SMSでOTP(認証番号)を送ると書いてあるのに、待ってもこない、問い合わせてもこない、もう諦めて旅行代理店に頼もうか…と考えていたときにふと思い立ってスマホの設定をチェックしたところ、「海外SMS受信拒否」となっていました…。来るわけない。笑

解除して申請したらすぐに届きました。

<br>

日本にいながらインドの列車の予約ができるなんて、すごく便利ですよね。

Cleartripにはいろんな列車があって、旅行計画中は見ているだけでも楽しいのでおすすめです。

<br>

予約したクラスとお値段

ガティマンエクスプレスには、2種類のシートクラスがあります。

  • Exec. Chair Car 一等車
  • AC Chair Car  普通車
    <br><br>

一等車がグリーン車的な感じらしく、今回は普通車にしてみました。

以下が2名分の明細(片道分)。

Base Fare Rs. 924
Railway Charges Rs. 576
Agent Service Charges Rs. 40
Processing Fee Rs. 27
Total Rs. 1,567

ひとり片道1,300円くらいです。

新横浜〜浜松の新幹線なら7,340円ですよ(もうちょっと速いけど)。

しかも食事付き。めっちゃ安い!
<br>

乗車

当日は余裕をもって出発の40分前にニザムディーン駅に到着しました。

まずは駅員さんを探して、何番線かを確認。

手荷物検査を通ってホームへ行きます。

教えてもらったホームに行くと、すでに電車がきていましたが、電光掲示板に出ている電車名が違っていたのでしばらく待機していました。

が、出発の15分前になってもこの電車が動く気配がない。

もしかしてホームが違うのかな?と心配になって、近くにいるインド人の方に聞いてみると「これがガティマンエクスプレスだよ」とのこと。

電車には確かに「GATIMAN EXPRESS」の文字が…!

電光掲示板が嘘ついてる可能性は考えなかった。人に聞いて良かった。

出発するとすぐにお水と新聞、その後マンゴージュースが配られました。

そして食事。

種類がいくつかあるみたいだったのですが、うまく聞き取れず…差し出されたまま受け取ってしまいました。

「Paratha Bhaji」と書いてあります。

しっとりしたチャパティみたいのと、ベジカレーが入っていました。

おいしかったです。

向かいの席にいたイスラエル人のご家族とお話もできて、とても楽しく過ごせました。
<br>

さて、アグラでの観光を満喫したら、帰りはアグラ駅からガティマンエクスプレスの乗車になりますが、この時が行きよりも大変でした。

全席指定のはずなのに、自分たちの席に座っている人がいます。

私たちが間違っていて、隣の車両とのこと。

ですが隣の車両に行っても同じことを言われて、よくわからずスタッフの人に聞いてみてもいまいちちゃんと教えてくれず…。

そうこうしているうちに出発の時間は近づいてきてテンパり、駅員さん(明らかにめんどくさそうにしている)に席まで案内してもらいました。

で、ここが結局最初に行った席だったのですが、また別の人が座っていました。

これ、なんでこんなに混乱したかというと、車両の外側と内側に書かれた車両番号が違ったのです…。

そんなことある?
<br>

行きの電光掲示板が間違っていたのもあったし、あんまり掲示系は信用しないで人に聞きまくるのが良さそうです。笑

その後無事に席に座れて、行きと同じく食事をおいしくいただき、デリーに戻りました。
<br>

まとめ

ちょっとヒヤヒヤすることはあったけど、電車自体はとっても快適!

  • 空調が利いてる(暑い夏にはほんとにありがたい)
  • 食事、お水、ジュース、お茶と豪華な車内食
  • 車窓から眺める風景が最高
  • 日本から予約できて安心
  • 朝早すぎるとか夜遅くなる心配のない時間で負担がない

と大満足でした。おすすめ!
<br>

ガティマンエクスプレスの他にも、時間はかかるけどもっと安い列車とか、現地にもっと長くいられるような時間帯の列車とか、いろいろな列車があるようです。

私も次回は長距離の夜行列車にチャレンジしたいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました