【インド・ホテル】デリー空港近くの居心地のいいホテル

インド ホテル 客室 インド

インドでは3つのホテルに宿泊しました。

初日に泊まったのはデリーの空港近くの、

コロネルズ リトリート アット ジ エアポート(Colonel’s Retreat At The Airport)

良かった点
  • 空港に近い
  • 部屋が広くて清潔
  • 値段がお手頃
  • 基本的なものは揃っているので不便することはない  
いまいちだった点
  • ホテル周辺(徒歩圏内)で食事や買い物ができない

ホテルの場所

コロネルズリトリートアットジエアポートは、空港から近いのが特徴です。

タクシーで20分くらいで、最寄りのメトロ ドワールカセクター21駅は、空港までエアポートメトロでたったの一駅(3分)。

デリーの中心地、ニューデリー駅まで行こうとするとメトロで20分くらいかかるので、それと比較するとかなり近いです。

初日にデリーへ到着したときは、初めてのインドということもあり、ホテルのピックアップサービスを利用しました。

800ルピー(約1,400円)とインド物価で考えると高いけれど、安心料と考えれば安いと思います。

実際、当日空港についたのが予定よりも1時間ほど早かったのに、待ち合わせ場所に行ってみると自分たちの名前のプラカードを持ったドライバーがすでにいてくれて、かなり安心しました。

ホテルのあるブロックには、高級そうな住宅がいくつもありました。

そのためか、ブロックに入る時にはゲートがあり、行き先を確認されます。

不審者を入らないようにしている点も、安心ポイントのひとつ。

ホテルの外観はこんな感じ。

お部屋

宿泊したのはツインルーム。

1泊1部屋(朝食付き)で、3,009ルピー(約5,000円)

ふたりで泊まったので、ひとり2,500円と思うとかなりお手頃価格。

清潔で広い部屋で好感が持てます。

エアコンも完備。

撮り忘れてしまったけれど小さなバルコニーがあって、サンダルを洗って干すことができてよかったです。

蚊除けのやつもついてました。

洗面台も広くて使いやすい。

ダブのシャンプートリートメント、石けんがありました。

きれいなタオル、トイレットペーパーも。

あとここにはバスタブがありました。

インドで3つのホテルに泊まったけど、バスタブがあったのはここだけ。

食事

黄色い壁のダイニングルーム。

メニューをみると2択で、「オーダーメイドの卵料理」「伝統的なインドの朝食」

選んだ「伝統的なインドの朝食」がこれ。

ジャガイモ入りの薄焼きパン、アルパラタはもちもちしていてとても美味しい。

これにヨーグルトとバナナがついてきてお腹がいっぱいになりました。

アルパラタは北インドではよく食べられる朝食の定番メニューらしいです。

自分たちでレストランへ行くと、どうしても知っているメニューを頼んでしまうので、新しい発見があってうれしい。

ちなみに、このホテルの周辺にはレストランがなかったです。

オーダーすれば夕食も、ホテルで用意してくれるとのこと。

スタッフ

英語が得意な人が少ない印象。

他のホテルと比べて、ダントツで発音が聞き取り辛かったです…。

ただ、基本的にみんな親切。

良い意味で、サバサバしています。

頼んだら感じ良く応じてくれるけど、向こうからおせっかいすることはないという感じで気楽でした。

ホテル周辺

ホテルの周りは住宅地なので、食事や買い物などを楽しむ雰囲気ではありません。

ただ、全く文化の違う国なので、ただの住宅地でも散歩するだけで楽しかったです。

ホテルのすぐ隣にある、バードマン・シティ・モール (Vardhman City Mall)。

ちょっとした食品や、日用品が買えます。屋台もありました。

初日で細かなお金がなかったので、200ルピーでスナックを買おうとしたらお釣りが無いと断られたので利用できませんでした。

地元の人には人気のようでした。

周辺には大きな公園が多く、ジョギングやおしゃべりを楽しんでいる人たちで賑わっていました。

小さな食料品のお店。

水を買いに立ち寄ったら、地元の青年がパンを買いに来ていました。

こんな日常を見るのも楽しい。

まとめ

コロネルズリトリートアットジエアポートは、空港近くの小さなホテル。

“翌日すぐに空港を使うからとりあえず1泊したい”という今回の利用目的にはぴったりでした。

ただ、日本で予約したときは

「初日は疲れているだろうから、夕方に到着したらホテルでゆっくりしよう」

と思っていたのだけど、実際は

「せっかく時間があるからパハールガンジまで行ってみよう」

となったので、空港近くのホテルにした意味はあまりなかったです…。

広くて清潔なお部屋なので、お手頃価格のホテルでくつろぎたいという人にはおすすめだけど、旅行にきたらじっとしていられない!という人は、中心地のホテルの方がいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました